襲名披露公演

二月大歌舞伎こと中村勘九郎襲名披露公演@新橋演舞場。

歌舞伎十八番で有名な「鳴神」も初めて観ることができました。

勘三郎さんをはじめ吉右衛門さんや仁左衛門さんもあんな

役で出ちゃうんだもの・・・襲名公演というだけあって本当に豪華でした。

中村屋の記念公演は先代勘三郎さんの二十三回忌追善公演以来。

そう何度も観に行けるものではないけど、こういう節目の公演だけでも

やっぱり行っておきたいと思うのです。行って良かったなぁと本当にしみじみ。

7

| | コメント (0)
|

テーブルウェアフェスティバル

テーブルウェアフェスティバル2012、昨年同様、義母と観に行って来ました。

開催20周年だとかでグレース・ケリーとコートダジュール

の特集がメインでなされていました。とにかく煌びやか!

ゴージャスだったりシックでモダンだったり・・・毎回目の保養にもってこいです。

4時間近くは観ていたかも?家に帰ったらも~ぐったりでした。

義母ともだいぶいろんな話でエンドレスに盛り上がり。

母の愛とはまた違う心地よさで何でも話せる、非常に有難くも頼もしい存在。

一女性としてもお手本の様な、素敵な人だと本当に思うのです。

もっといろいろなことを教わらなくちゃだ。できることから少しづつね。

2

| | コメント (0)
|

生で

Bunkamuraシアターコクーンで宮沢りえ主演の

下谷万年町物語」を観てきました。唐十郎作・蜷川幸雄演出の話題作です。

以前チケットを取りはぐって以来、ずっと観に行きたいと思いつつ

結婚・出産をされた宮沢りえ様。待望の舞台復帰となりました。

おしとやかな役が多い印象だったけど今回でますます

好きになってしまった・・・とってもエネルギッシュであんな役もこなせるのですね~

生りえ様は想像以上に華があって綺麗。藤原竜也くんも蜷川作品常連

なだけあって見事なオーラ。西島隆弘くんは今回でワタシ的要注目株に。

オカマがたくさん出てきてとんでもないアクションをしたり、地上派では

とても言えないであろうセリフもちらほら・・・とハチャメチャともとれる展開。

ストーリーはやや難解だったけど、見る価値は大いにアリでした。

Photo_2

個人的に三又又三のオカマ姿がツボだったなぁ。笑

| | コメント (0)
|

ゴヤ展

プラドで観た着衣のマハが40年ぶりに日本に来るとのことで

Tさんと行ってきました。ゴヤ展@国立西洋美術館

ゴヤの描く光と影の対照的な絵。対比させてみると人の心情とか振り幅

ってのはこんなにも変わるものなんだなぁとしみじみ。

ランチは銀座のポールボキューズにて。デザートはやっぱりタルトタタンをチョイス。

その後は無料チケットがあるとのことで相田みつを美術館へとハシゴしました。

中学の頃のお気に入りの詩でみつをさんの詩を選んだものです。懐かしい・・・

ただ諭すだけじゃない、人間味溢れる詩の数々。心に沁みますねぇ。

064 061

最後はも~目がショボショボです。

| | コメント (0)
|

シャガール展

藝大美術館で開催されているシャガール展に行ってきました。

音声ガイドがDAIGOと元フジアナの阿部千代さんの二つバージョン

があって阿部さんを選んだのですが、それでもちょいちょい

「DAIGOチェ~ック!!」などといちいちコメントが入るのには笑ってしまった。

「ま~さ~か~の~」とか「ガチで~」なんてガイドなもんだから

絵を観ながらニヤニヤ笑いをこらえるのに必死でした。

あの有名な絵を間近で観れるともあって一見の価値大いにアリ、です。

006 008

平日の上野公園ってのどかでいいですなぁ。

| | コメント (0)
|

マザーテレサ

チケットを頂いたので行ってきたマザーテレサ・愛の世界展。

印象に残った”「愛情」の反対にあるものは「無関心」”というマザーテレサの言葉。

ここ最近の子供を放置してしまうニュースはまさにこれだ、と

憎しみとかではなく無関心、これって究極に辛いことなのかもしれない。

一言一言が実に深い、温かい言葉でした。

Rimg2050_2 

| | コメント (0)
|

ローザンヌ・ガラ

Nちんの弟、プロパレエダンサーのYくんが出演する

ローザンヌ・ガラ2010を観にNちん一家と青山劇場まで行ってきました。

あの熊川哲也さんが芸術監督ということでKカンパニーの

プリンシパル級の方も出演するという豪華な顔ぶれ。

Yくんの演目はコンテンポラリー・バレエというのかな?

体全体を使って表現する様が美しかったです。イタリアの彫刻みたいな体!

バレエに精通していなくても十分楽しめる内容でした。BRAVO!!

016

目の前で行われていたマルシェ・ジャポン

こんなのが近所にもあったらいいのになぁ。

| | コメント (2)
|

today・・・

4年ぶりに行ったサマソニ2010

オットが好きなsumashing pumpkinsがトリを務めるとのことで

楽しみにしてましたが・・・期待以上に楽しくってシビれました。

すっかりノリノリ!いろいろ回れてやっぱり夏フェスって面白いな~と。

今回はあの永ちゃんも出てたりと非常にバラエティに富んだ顔ぶれでもあり。

思い出深いtodayを聴いた時はさすがに涙が出てしまった。見ればオットもうるうる・・・

とはいえボーカルのビリーさん、歯でギター弾き始めたときは

思わず笑っちゃったけど!!いや~感動モノでした。

好きなアーティストの生歌となるとやっぱりいいですねぇ。

Rimg1998

”today is the greatest day....”

| | コメント (0)
|

カキツバタ

美容室へ行ったついでに南青山の根津美術館へ寄り道。

尾形光琳の国宝燕子花図屏風は以前母と行った出光美術館で観たことが

ありましたが、その彩られた鮮やかな青色はまさに自分が大好きな色。

しかもその屏風は祖母も愛したものだと聞き、今回再びこちらで

展示されるとのことでどうしても期間内に観に行きたくて。

実際目の前にして、やっぱり観に来て良かったとつくづく思いました。

昨年リニューアルされたとのこちら、美術館内にある庭園でも

また燕子花がちょうど見頃。藤の花も綺麗だったなぁ。

Rimg1783 Rimg1826

Rimg1852 Rimg1860

とても都心の中にいるとは思えない!今度はNEZU CAFEもぜひ利用してみよう。

新緑のこの季節。花を初め木々も生き生きして見えますねぇ。

| | コメント (0)
|

さよなら公演

前々から楽しみにしていた歌舞伎座のさよなら公演、御名残四月大歌舞伎

出演陣も豪華絢爛、最後を飾るに相応しい顔ぶれ。

華々しいにも程がある!と、心躍らせ午前中の1部、3幕を鑑賞してきました。

「御名残木挽闇爭(おなごりこびきのだんまり)」次世代を担う若手の面々が主。

海老蔵に菊之助、染五郎、獅童、勘太郎、七之助にベテラン勢では三津五郎さん・・・

最近話題の海老蔵はやっぱり華やかだな、と演技を観て納得。

「熊谷陣屋」は打って変わってベテラン勢。人間国宝でもある坂田藤十郎さんや

中村富十郎さん、中村吉右衛門さん・・・と、さすが重厚感のある演技。

最後は一番目当ての中村勘三郎さん親子の「連獅子」。

紅白の長い髪を振り回すことでお馴染みの有名な一幕です。

親獅子が崖から子獅子を落として這い上がらせる様とか一つ一つの舞い

どれをとっても息ピッタリ。感情移入し思わず感動、最後は拍手喝采。

Rimg1646 Rimg1669

いよいよ最後!今回も花道、バッチリ見えました。 

| | コメント (0)
|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

| | | | | 日々 | | | | | | |